亀頭直下法による包茎手術|様々な包茎の手術や治療の方法[東京・大阪]

包茎の手術や治療は認定専門医に!HOME>>包茎の手術や治療について>>様々な包茎の手術や治療の方法>>亀頭直下法

様々な包茎の手術や治療の方法について



亀頭直下法による包茎手術

亀頭直下埋没法による包茎手術

亀頭直下埋没法は、現在の包茎手術の基本となる術式です。

この包茎手術の術式は余剰包皮を亀頭下の包皮から根元に向かって計測し、余剰包皮を切除し縫合する為、縫合部は亀頭の下の環状溝と呼ばれる部分に収まり、普段の状態では傷が表面に見えることが無く、手術を受けたことが他人に知られることがありません。

その反面、この手術はクランプのような器具を使用するわけではなく、医師の技術力の差によって結果が大きく左右されますので、不慣れな医師や外科的技術の未熟な医師には不向きな手術といえます。

今でも幾つかのクリニック(大手を含め)や医師によっては亀頭直下法での手術といいながら、クランプ法での包茎手術を行っているクリニックがあるのは、パートやアルバイト医師、未熟な医師が手術を行う場合は、クランプの方が安全で確実だからでしょう。

当院では日本形成外科学会から専門医認定を受けた院長が行いますので、ご安心下さい。

また、当院では、この亀頭下埋没法に形成外科・美容外科的な縫合技術を取り入れることで、より傷を目立たなくし、全体的なバランスについては形成外科の技術を用いて違和感のない自然な仕上がりを実現したスキンケア式包茎手術で行っております。

当院の包茎手術の方法や手順については、「包茎の手術や治療」をご覧下さい。

亀頭直下法による包茎手術のメリット

  • 亀頭直下に傷が収まるため、普段、包茎手術の傷が見えない
  • 亀頭部と陰茎部の境目(環状溝)に傷が合致するため、傷自体が目立たなくなりやすい
  • 明るい包皮内板を除去するため、クランプ法や旧式作図法による包茎手術のようにツートンカラーにならない
  • 弱い包皮内板を除去するため、将来の包皮炎や包皮裂傷など包皮トラブルの予防になる

亀頭直下法による包茎手術のデメリット

  • クランプ法や従来の包茎手術方法に比べ、熟練の技術が必要
  • そのため、医師の技術により包茎手術の結果・仕上がりに差が生じやすい
  • カントン包茎真性包茎の中でも、絞約部が切除範囲以外にある場合、亀頭直下に傷が収まらない場合がある

■ ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
スペース スペース スペース
連絡先 ご相談について ご予約について

様々な包茎の手術や治療の方法について



ページ先頭へ
割引・キャンペーン
直筆体験談
初めての方へ
包茎の基礎知識
包茎の雑学
包茎の手術や治療のメール相談(大阪)
インターネット予約
大阪院
大阪院地図
〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-10-8
山中ビル8F
TEL:0120-040-939
大阪梅田院の詳細へ
東京院
東京院地図
〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階
TEL:0120-858-300
東京院の詳細へ
for Men's Body care Other RSS1.0 RSS2.0 RSSAtom