ワキガ・多汗症の治療と手術|[東京・大阪]医療法人社団美幸会

包茎の手術や治療は認定専門医に!HOME>>わきが 多汗症について

ワキガや多汗症の原因は皮下組織に存在する「アポクリン汗腺」や「エクリ汗腺」です。原因組織を確実に除去することでワキガや多汗症は確実に治すことができます。当院ではその方の症状や日常生活など考慮し、患者様と最適な治療方法をご案内しております。ワキガや多汗症でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

わきが 多汗症

ワキガ わきが 多汗症

体臭や口臭はエチケットとして気をつけたいものです。
嗅覚は、意外と自分の臭いには鈍感で、逆に他人の臭いには敏感な傾向があります。
自分がわきが体質であることに気付かず、周囲の人に不快な思いをさせていることも多いようです。
わきが(体臭)については、相手が親しい友人でもなかなか指摘しづらいもので、知らず知らずに敬遠されてしまうこともあるようです。
わきがの対策は人付き合いをする上でのエチケットといえます。

ワキガのチェックポイント

  • 耳アカが湿っている
  • ワキの下の毛が濃いもしくは太い
  • わきの下の皮膚の色が少し濃い、茶色い
  • 家族にワキガ体質の人がいる
  • 冬でも汗が多い
  • シャツのワキの部分が黄色く(茶色く)汗ジミができる
  • ワキの臭いが気になる
  • 人に臭い(体臭)を指摘されたことがある。
  • 脂っこい食事が多い
  • ワキの毛に白い不純物が付いていることが多い

※上記はわきが体質の方に多く見られる傾向です。思い当たる方は一度ご相談ください。

わきがのメカニズム

わきがや多汗症の原因は皮膚の内側にある分泌組織にあります。通常よりもその分泌量が多いとワキガ体質になりやすいといわれています。また、ワキガ独特の鼻を刺すような臭いは、分泌される成分が皮膚の表面に常在する細菌により分解され生じます。

わきがとは

わきの下には『アポクリン汗腺』、『エクリン汗腺』、『皮脂腺』という分泌腺があり、このうちワキガの元凶といわれているのが『アポクリン汗腺』です。ワキガとはアポクリン汗腺からの汗の成分と皮膚表面の常在菌に分解されワキガ特有の臭いを発することをいいます。
アポクリン汗腺は、ホルモンの分泌が活発になる「思春期」のころより活動を始めるため、この頃にワキガ症状が現れる方が多いようです。
この時期は人格形成の上でも非常にデリケートな年齢にあたる為、親御さんが子供の「体臭=ワキガ」にについて心配されているケースも多いようです。

「アポクリン汗腺」=臭いと汗ジミの元凶

分泌腺の中で、臭いの元凶となる分泌腺が「アポクリン汗腺」です。
この「アポクリン汗腺」から分泌される汗には「脂肪酸」などの有機物が含まれており、皮膚の表面に住む常在菌に分解され「わきが物質」へと変わりワキガ特有の臭いを発します。
また、色素を含む汗を分泌する為、ワキガ症状の強い方は、洋服に黄色い汗ジミを作ることがあります。
「アポクリン汗腺」は、ワキの下、乳輪、陰部、外耳道、へそなど身体の決まった所にしかありません。耳アカが湿りがちな方は、アポクリン汗腺の分泌が活発で多い為で、ワキガ体質である可能性が高く予想されます。

「皮脂腺」=臭いを強める働き

皮脂腺から分泌される油分は皮膚に潤いを与える大切な役割がありますが、その分泌物には様々な脂肪酸が含まれる為、雑菌と混ざり合うことで、ワキガの臭いを強める働きもあります。

「エクリン汗腺」=臭いを撒き散らす、多汗症の主な原因

エクリン汗腺からの汗は臭いがほとんどありません。しかし、エクリン汗腺は「ワキガ物質=ワキガの臭い」を周囲に撒き散らしたり、ほぼ全身にありますので、多汗症の原因にもなります。

ワキガ わきが 多汗症 イメージ

ワキガや多汗症を完治させるためには?

ワキガや多汗症の原因は上記に示すとおり皮膚の内側にあるため、確実に治療を望まれるのであれば、手術でそれら原因組織を除去しない限り、治す方法はありません。
ただし、ワキガ・多汗症の治療方法にはいくつかあり、簡単で短時間に終わるものもあれば完全ではなくせっかく治療をしても再発や満足のいく効果が得られないという可能性があります。
多汗症の主な原因となるエクリン汗腺はアポクリン汗腺より除去しずらい組織な為、簡易的な「吸引法」や「そうは法」ではあまり効果は得られません。
クリニックによって様々な手術方法をとっています。軽減程度の治療効果を求めるか、確実な治療効果を求めるか患者さんの希望により選択いただくことが重要です。
そのために、まずはカウンセリングを受け、そのクリニックがどの方法で治療をしているかが大切になります。

わきが 多汗症 色々な治療方法

吸引法や超音波法など、通院不要な30分程度の治療方法では軽減を目的とした治療です。確実な効果はほぼ期待できません。
現在多くの医療機関で、ワキガや多汗症の治療を行っており、いくつかの治療方法があります。
患者さん自身には、どの様な方法があって、その病院はどの方法をとっているのかきちんと把握し、自分にとってどの方法がベストなのかを知った上で治療を受けて頂きたいと思います。

治療法 手術時間 通院 効果 キズ 総合評価
吸引法 約30分 なし 30〜50% 約2cm ×
そうは法 約40分 なし 50〜60% 約1cm
超音波法 約30分 なし 60〜70% 5〜10mm
イナバ式皮下組織削除法 約1時間 あり 70〜90% 約3cm
剪除法 約1時間 あり 80〜90% 5〜7cm
矢印Wトリミング超音波法 約40分間 あり 60〜80% 1cm
矢印ウルトラソニック剪除法 約1時間 あり 80〜95% 2〜4cm

吸引法

痩せる為の手術として有名な「脂肪吸引」と同じ機械、同じ方法で、わきがや多汗症の原因となる組織を吸い出す方法。脂肪細胞よりも格段に原因組織は強固な為、効果がほとんど得られ無い。

そうは法

皮膚の裏側を特殊な「鋭匙(えいひ)」でわきがや多汗症の原因となる組織を掻き出す方法。
あまり強く掻くと皮下のダメージが強くなる為、確実には取りきれない。効果はワキガに対し最大60%程度、多汗症は最大20%程度です。

超音波法

吸引法の際に使用する管の先端から「超音波」が発生し、汗腺組織を破壊、乳化させることで、汗腺組織を取りやすくした方法です。
この方法は、血管や神経組織を温存しながら原因組織を効果的に除去できるため、短期間で治癒し皮膚へのダメージも少ないため、簡易的な「吸引法」や「そうは法」よりも高い治療効果が得られます。

イナバ式皮下組織削除法

故、稲葉博士が開発した「皮下組織削除器」を使用し、皮膚の裏側のわきがや多汗症の原因となる組織を削り取る方法。故、稲葉博士はこの治療方法を確立したことで、日本医師会より「最高優功賞」を受賞する程、確実性の高い治療方法です。

剪除(せんじょ)法

皮膚を5cm前後切開し、皮膚の裏側を直接目で見てわきがや多汗症の原因となる組織を取り除く方法。
この方法は、ワキガ・多汗症治療の中では、イナバ式皮下組織削除法と並び、高い確率でワキガを退治します。

その他の方法

脱毛することで、毛穴がふさがり、発汗量が減少することでワキガ臭の軽減を図る方法もあります。
この方法は本質から言えばワキガを治すことが目的ではなく、脱毛することによって起こる副作用ですので、ワキガや多汗症を治す目的としてはお勧めできません。

当院が推奨する”わきが 多汗症” 治療方法

みゆき式Wトリミング超音波法

この方法は、超音波「CUSA」法に改良を加えた当院オリジナルの治療方法です。

超音波法は、手術の傷が1cm前後と小さく、比較的術後経過の楽な吸引法など簡易的とされる手術方法の中では最も効果が高いことで知られる方法ですが、当院ではこの超音波法にイルミネーターを用いて、全体的に汗腺が除去できているかを確認しながら行うため、一般的な超音波法よりも確実な効果を得ることが出来ます。

手術時間も40分前後で終了し、術後の制限も少なくて済みます。

ウルトラソニック剪除法

この方法は、わきがや多汗症の原因となる組織を一つひとつ目で確認しながら取り除く剪除(せんじょ)法に超音波の血管や神経を温存するメリットを最大限に応用した改良を加えた当院オリジナルの治療法です。

ワキガのメカニズム

2時間前後の時間をかけて、わきが臭の素となるアポクリン汗腺と多汗症の素となるエクリン汗腺を取り除く為、確実な効果が得られます。

また、超音波を採用することで、従来の切開剪除法よりも体に優しく安全な治療方法を実現しました。

再発の心配もなく、傷あとも気にならないので最も優れた治療法といえます。他院で満足を得られなかった方の来院が多いこともあり、この治療法を最初から希望される方も数多くいらっしゃいます。

一生に一回の治療にとお考えであれば最適の治療と言えるでしょう。

ワキガのイメージ

ボトックス注入治療法

汗はアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類から分泌されます。そこから汗に雑菌が繁殖するとわきが臭の原因となったり、シャツの汗ジミになったりします。
そんな症状を改善したいけれど、「手術に抵抗がある・・・」「仕事の都合で手術翌日から腕を激しく動かしたい」など、手術以外での治療を希望される方には「ボトックス注射」による”わきが・多汗症”治療法をお勧めします。
治療は、皮膚のあまり深くない部分に「ボトックス」を注射し、汗腺を支配している神経に働きかけ、汗の働きを弱めます。汗の量を減らすことで、多汗症の改善とワキガ臭の軽減することができるのです。治療時間は両わき5分程度で、アレルギーや副作用の心配もありません。
施術したその日から入浴も運動もOKなので、日常の生活には全く支障をきたしません。
ただし、この治療法は永続的ではありませんので、4〜6ヶ月程度に1回の治療が必要です。
薄着になる時期に合わせて年一回程度の治療を受けられる方もいらっしゃいます。


※わきが・多汗症についてもっと詳しくお知りになりたい方は、当院の「ワキガ・多汗症にきくサイト」をご覧下さい。


■ ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
スペース スペース スペース
連絡先 ご相談について ご予約について
ページ先頭へ
割引・キャンペーン
直筆体験談
初めての方へ
包茎の基礎知識
包茎の雑学
包茎の手術や治療のメール相談(大阪)
インターネット予約
大阪院
大阪院地図
〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-10-8
山中ビル8F
TEL:0120-040-939
大阪梅田院の詳細へ
東京院
東京院地図
〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階
TEL:0120-858-300
東京院の詳細へ
for Men's Body care Other RSS1.0 RSS2.0 RSSAtom