諸外国の包茎事情と包茎手術|包茎の手術や治療は認定専門医に![東京・大阪]

包茎の手術や治療は認定専門医に!HOME>>包茎の雑学について>>諸外国の包茎事情

包茎の雑学について



割礼を行う国

割礼を行う国としては、宗教上の意味合いとして行うイメージが強く、その中でもイスラム教が有名ですが、他の国々では必ずしも宗教だけが理由ではなく、アメリカなど宗教上の習慣だけでなく道徳的な観点や医学的な理由から行われるようになった国もあります。
また、アメリカの健康促進機関が包茎の手術や治療が行われる国のHIV感染率と包茎手術が行われない国とのHIV感染率を比較した結果、包茎手術が行われる国のHIV感染率が極端に低い(3分の1程度)というデータから「包茎手術はHIVを始めとする感染症予防に有効」との見解を示したことを受けて国を挙げて包茎手術を奨励する国も出てきているようです。

トルコ

トルコ国民の99%がイスラム教徒であるため、イスラム教徒の全ての幼児男性は割礼を受けます。
夏は割礼のシーズンとなり、割礼の衣装をまとった子供たちを良く見るそうです。

比較的裕福な家庭では、割礼式の宴をドゥゥン(結婚式も同様にドゥゥンという)と呼び、結婚式と同等の扱いで入念に準備します。
この宴には多くの資金が必要な為、貧困家庭ではドゥゥンのような宴を催すことは不可能ですので、国内の各地区や都市が主催して集団割礼式が行われます。

地域によって異なるようですが、地区の台帳から対象となる男子のいる各家庭へ集団割礼式の招待状が配布され、参加希望者は参加の申請をします。そして、参加が認められると、集団割礼式の数日前に割礼用の華やかな衣装やプレゼントなどが無料で配布され、集団割礼式に参加します。

集団割礼式は様々なイベントが催され、子供たちを楽しませる工夫が凝らされているようです。
そして式の翌日、自治体等の手配により病院で割礼の施術を行うそうです。

これら割礼式の慣わしは、16世紀ころから始まったとするレポートがあり、国の王子の割礼の儀式を国をあげて祝福するのに合わせ、子供たちも衣装をまとい、親類縁者から祝福され割礼されるようになったということです。

韓国

韓国では朝鮮戦争を堺に急激に包茎の手術や治療(包皮切除)が行われるようになり、現在ではイスラムやユダヤ人以外の民族では最も高く、韓国男性の10代後半から30歳代まででは8割以上が包茎手術を受けているようです。

朝鮮戦争以前では、包茎手術はさほど行われていなかったようで、朝鮮戦争の際にアメリカ軍と連携し戦い、その後もアメリカ軍が韓国国内に駐留している経緯があります。
当時のアメリカでは、医学的な理由から包茎手術を推奨していたため、韓国人とアメリカ人との交流の中で包茎手術が根付いたのではないかと考えれらています。
そして現在では包茎手術は韓国文化のなかで、通過儀礼として行われるようになっているようです。

アメリカ

アメリカは15世紀終わり頃より植民地時代となり、イギリスやフランスオランダ、スペインなどが次々と北米大陸に植民地を築き、後にイギリスが北米大陸のほとんどを統治しました。
その後自治権をめぐってイギリス本国との独立戦争が勃発し、独立宣言を経て現在のアメリカ合衆国が築かれました。

このような歴史からもアメリカは他民族による移民によって築かれた国家ですが、主にイギリスやフランスからの移民が多く、宗教的に見ても、キリスト教が主となります。
しかし、この頃のキリスト教はかつてのキリスト教のように割礼は義務化されていなかった為、宗教的な理由を持つ割礼はさほど多く行われてはいなかったようです。

19世紀末ごろになると、自慰行為に対する罪悪感があり自慰行為防止の理由から包茎の手術や治療が行われるようになりました。また、自慰行為が記憶力低下、心臓病、麻痺などにつながる可能性があるという、根拠のない理由からも包茎手術が広く行われるようになったようです。

包茎手術が最も多く行われるようになったのは、第二次世界大戦後で、病気(性病や陰茎ガンなど)の予防に効果があるとされ、普及したといわれます。

1980年代までは新生児の多くが包茎手術を受けていましたが、手術自体が新生児にはリスクが高いとのことや、非人道的であるなどの意見が強まり、1998年に小児科学会から包皮切除を推奨しないガイドラインが提出され、その後、包皮切除を受ける男児は全米で減少傾向にありましたが、それでも約6割程度の男性が現在も包茎手術を受けているとされ、一般的な文化として定着していることが伺えます。

地域的に見ても、中西部などの白人の多い地域では95%程度が割礼を受けているという報告もあるようです。
また、アメリカ大陸先住民の中には、ヨーロッパ人到達以前から成人儀礼として包皮切除を行っていた部族もあったようです。

その他の割礼(包皮切除・包茎手術)を行う国々

東南アジア・東アジア

マレーシア、フィリピン、インドネシア

中央アジア・西アジア

アフガニスタン、バングラデシュ、パキスタン、アルバニア、エジプト、イラン、イラク、イスラエル、クウェート、レバノン、リビア、シリア、トルクメニスタン、アラブ首長国連邦、イエメン、サウジアラビア、タジキスタン、ウズベキスタン、モルディブ、アゼルバイジャン、バーレーン、カザフスタン、カタール

アフリカ

エリトリア、エチオピア、アルジェリア、ガーナ、ギニア、モロッコ、ニジェール、ナイジェリア、南アフリカ、トーゴ、チュニジア、ベナン、カメルーン、チャド、ジブチ、ガボン、ガンビア、マダガスカル、マリ、モーリタニア、ケニア、コンゴ共和国、シエラレオネ、ソマリア、スーダン


包茎手術 包茎治療


■ ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信メールをお送りさせて頂いております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
スペース スペース スペース
連絡先 ご相談について ご予約について

包茎の雑学について



ページ先頭へ
割引・キャンペーン
直筆体験談
初めての方へ
包茎の基礎知識
包茎の雑学
包茎の手術や治療のメール相談(大阪)
インターネット予約
大阪院
大阪院地図
〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-10-8
山中ビル8F
TEL:0120-040-939
大阪梅田院の詳細へ
東京院
東京院地図
〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階
TEL:0120-858-300
東京院の詳細へ
for Men's Body care Other RSS1.0 RSS2.0 RSSAtom